MENU

一宮市・弥富市・津島市・あま市・愛西市・岩倉市・稲沢市の外壁塗装・屋根塗装専門店|川洋建装(株)プロタイムズ

外壁塗装・屋根塗装お役立ちコラム 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 外壁塗装・屋根塗装お役立ちコラム > 雨漏り > 火災保険で直せる住まいのトラブル|雨漏りでダメになったクロスは火災保険適用

火災保険で直せる住まいのトラブル|雨漏りでダメになったクロスは火災保険適用

雨漏り

2024.01.06 (Sat) 更新

──────────────────────────────
弥富市、一宮市
あま市、津島市、愛西市、
稲沢市、蟹江町の外壁塗装・屋根塗装専門店!

プロタイムズ西尾張中央店・一宮店・あま津島店
川洋建装株式会社です。
外壁塗装・屋根塗装・雨漏り補修ならお任せください!
──────────────────────────────

火災保険で直せる住まいのトラブル|雨漏りでダメになったクロスは火災保険適用

ブログ担当のコバヤシです!

雨漏りによって壁紙のクロスがダメになってしまった場合、火災保険の補償で直せることをご存知ですか?

火災保険には入っているものの「火事が起きていないからと保険請求できない」と思っているオーナー様はとても多いです。しかし、意外にも火災保険を活用することで、修理補修できる住まいのトラブルはたくさんあります。

そして、今回のブログでご紹介するのは「雨漏りでダメになったクロス」を火災保険で直す方法です。

どんなトラブルなら火災保険の適用になるのか、どうやって火災保険の請求をするのかをお話ししていきたいと思います。

雨漏りでダメになったクロスは火災保険で直せる?

雨漏りでダメになったクロスは火災保険で直せる?

持ち家でも賃貸でも、雨漏りでクロスがダメになってしまうことはあります。ですが、慌てて修理するのはやめましょう。

まずは、火災保険で直せるかを保険会社に確認してみてください。

この章では、火災保険の基本的な情報について解説します。

火災保険で直せるケースと直せないケース

火災保険には補償範囲が設定されており、これを満たしている場合に保険適用として保険金が支払われます。そして、雨漏りの原因として認められるのは下表に記載した4パターンです。

災害の種類

災害内容

損害事例

風災

台風、暴風、暴風雨、竜巻、突風など、驚異的な風によって発生した雨漏り

  • 台風により屋根が飛ばされてしまい、室内に雨が入り込んでしまった
  • 暴風による窓ガラスの破損で、室内に雨が吹き込んでしまった
  • 竜巻の発生で家屋に歪みが生じ浸水してしまった

雹(ひょう)災

直径5mm以上の氷の粒が家屋に被害を与えることのよって発生した雨漏り

  • 屋根に穴が空いてしまったり、窓ガラスを突き破った結果、室内に雨が入り込んでしまった

雪災

降雪、豪雪、雪崩など、雪による被害で発生した雨漏り

  • 積雪により屋根が歪んでしまい、雨漏りが発生してしまった
  • 雪崩により壁の一部が破損してしまい、クロスが浸水してしまった

落雷

落雷が原因で発生した雨漏り

  • 落雷により屋根に穴が空き、そこから雨漏りしてしまった
  • 落雷で漏電が発生し、外壁が焼けてそこから浸水してしまった

一例ですが、損害事例で挙げたように自然災害で発生してしまった雨漏りに対しては、火災保険を適用できます。

ただし、賃貸物件の場合は「住んでいる方が対処しなければならない場合」と、「オーナーが対処しなければならない場合」があるので、まずは管理会社に雨漏りの発生を報告しましょう。

注意しなければならないのは、雨漏りが発生してしまったものの、火災保険では直せないケースです。全ての雨漏りに火災保険が適用できるわけではありません。

例えば、以下に挙げるようなケースは、火災保険の補償対象外です。

  • 経年劣化による雨漏り
  • 初期不良による雨漏り
  • リフォーム施工直後に発生した雨漏り

火災保険は「自然災害による被害を補償する保険」であることから、経年劣化によって発生した雨漏りは補償対象外とされてしまいます。

台風直後に発生した雨漏りであったとしても、専門の損害保険鑑定人による調査の結果「自然災害ではなく経年劣化による雨漏りの可能性が高い」というような報告が上がってしまうと、実際に多封直後に発生した雨漏りであったとしても補償されなくなってしまうのです。

当然、損害保険鑑定人が偽りの報告をすることはありません。調査の結果、自然災害による家屋への被害が見受けられず、防水処理の劣化や外壁のクラックなどが原因であると判断された場合、雨漏りの原因は経年劣化であると判断されるのです。

また、新築直後の初期不良による雨漏りであれば、火災保険が補償するのではなく、ハウスメーカーや建築業者の責任によって修理対応するのが一般的です。これは、杜撰な施工によって生じた雨漏りであり、施工業者による「人災」です。

自然災害によって壊れたのではなく、最初から壊れていることに対しては、火災保険は適用できないので覚えておきましょう。

最後の「リフォーム施工直後に発生した雨漏り」についても、初期不良同様に施工業者による人災であるといえます。

火災保険がカバーできる被害の範囲

火災保険がカバーできる被害の範囲

補償内容によっても変化しますが、一般的な火災保険が補償するのは「自然災害によって発生した建物や家財に対する事故」とされています。

火災保険によってカバーできる建物、家財の範囲は下表をご覧ください。

建物

家財

  • 家屋
  • 車庫
  • 門扉
  • 物置など
  • 家具
  • 家電
  • 衣類
  • 寝具
  • キッチン用具など

火災保険の対象外とされるものの中に「自動車」があります。また、敷地内に陸置きしている「船舶」なども補償対象外です。さらに、現金や有価証券も家財として認識されないため補償されません。

雨漏りでダメになったクロスを火災保険で直すための条件

雨漏りでダメになったクロスを火災保険で直すための条件

火災保険を使って雨漏りのクロスを直すには、これからご紹介する条件を満たす必要があります。ご自身の火災保険の内容を確認して、保険でクロスを直せるか判断してみてください。

補償範囲内に「風災」がある

保険会社によっては「風災・雹(ひょう)災・雪災」を総称して「風災」としている場合があります。そのため、補償範囲内に「風災」があることが火災保険で雨漏りを直すための最低条件となるのです。

雨漏り以外にも風災で補償される家屋のトラブルは非常に多くあるため、保険証書や約款に「風災」の文字がないようであれば、補償内容を変更できるか確認すべきでしょう。

雨漏り発生後「3年以内」の請求が必要

雨漏り発生後「3年以内」の請求が必要

雨漏りが発生したら、3年以内に火災保険に保険金を請求してください。なぜなら、時間経過に伴い「原因が被災によるものなのか、経年劣化による雨漏りなのかわからなくなる」からです。

本来、雨漏り発生時に保険金を請求すれば用意できるのですが、被害状況が大きかったり、一時的に避難していたりすると、現地にいないために保険金請求が遅れてしまうこともあります。

なるべく早期の保険金請求ができるように心がけましょう。

  • 外壁診断
  • 雨漏り診断

被害総額が「免責金額」を超えている

免責金額とは、保険金を受け取る際に必要な自己負担金のことです。被害総額が免責金額を超えていれば、火災保険で保険金を請求しても問題ありません。

仮に、免責金額よりも被害総額が少なかった場合を考えてみましょう。

クロスの一部が雨漏りで被害に遭ってしまったと仮定し、その修繕見積りが10万円だったとします。一般的な火災保険請求時の免責金額は20万円で設定されているため、ここで20万円の免責費用を支払ってしまうと、10万円損をしてしまうのです。

反対に、修繕見積りで100万円を超えるような場合、20万円の免責費用を支払っても80万円以上を火災保険がカバーしてくれるため、本来であれば100万円以上の持ち出しだったものが20万円で済むわけです。

火災保険の保険請求の流れ

火災保険の保険請求の流れ

火災保険を請求する際、事前に準備すべき書類や申請手順があります。どんな書類が必要で、何のために必要なのか。そして、どこで手に入るのかをご紹介しながら保険請求の流れを解説していきます。

  • 外壁診断
  • 雨漏り診断

保険会社へ連絡

雨漏りが発生したら、まず保険会社に連絡をとってください。戸建てであればご自身で契約した保険会社との保険証書や公式HPから連絡先の確認、賃貸の場合は契約時に案内された保険会社に連絡するか、管理会社に確認しましょう。

  • いつ雨漏りしたのか
  • 雨漏りの原因が自然現象なのか
  • どれだけの規模の被害か

ポイントとなるのは「雨漏りの原因」です。「風災・雹(ひょう)災・雪災・落雷」などの自然現象によって発生した雨漏りでなければ、火災保険は適用されません。

また、できる限り早い時期に連絡するようにしてください。

必要書類の提出

必要書類の提出

火災保険を請求する際、下表にある書類の提出を求められます。どのような書類で、どこで入手できるのか把握しておきましょう。

必要書類

内容

入手方法

保険金請求書

保険請求に必要な記述式の用紙

保険会社から送付されるか、公式HPよりダウンロードできる

事故内容報告書

どのような事故なのか、発生状況など損害状況を記入する用紙

保険会社から送付される

修理見積書

修理にどれだけの費用がかかり、施工期間がどれだけ必要かなどを記載された見積書

修理会社に見積書作成を依頼する

罹災証明書

自然災害があったことを証明するための書類

自治体に発行を要請する

損害明細書

保険金請求する対象をピックアップするための書類

保険会社から送付される

被害箇所の写真

被害状況の証拠写真

被災者自ら撮影する

損害箇所の調査

書類調査で事故状況を把握でき、保険適用の範囲だと判断されれば、そのまま保険金支払いへと移ります。

しかし、用意した書類だけでは保険適用できるか明確に判断できず、実際にどのように事故が発生したか、どの程度の規模で被害を受けているのかを確認が必要と判断された場合、鑑定人による現場調査が必要なケースがあります。

この現地調査が、修繕範囲や見積りに関係してきます。保険会社から派遣される調査員の判断や、施工業者の雨漏り診断士によって無料で調査してもらえるので、余計な費用は発生しません。

とくに、施工業者の雨漏り診断士による調査であれば、より有利な条件で保険請求できるでしょう。

雨漏り診断士に関してのブログは▼こちら▼をClick!

雨漏り対策のキーマン:雨漏り診断士とは?役割とその重要性について

雨漏りによる壁紙のクロス交換なら雨漏り診断士がいる川洋建装にお任せください!

雨漏りによる壁紙のクロス交換なら雨漏り診断士がいる川洋建装にお任せください!

雨漏りによる壁紙のクロス交換工事ならば、雨漏り診断士が在籍している川洋建装プロタイムズ西尾張中央店・一宮店・あま津島店にお任せください!

火災保険申請用の写真撮影等もお任せください。

当社では火災保険申請工事として、壁紙だけでなく、天井の張替え工事や雨樋の交換工事等も施工してきた実績がございます。雨漏り診断士の正しいチェックによって、スピーディーな保険申請、修繕工事が可能です。

まずは当社の無料雨漏り診断を受けてみませんか?川洋建装の雨漏り診断士があなたのご自宅や事業所にお伺いして、適正かつ適切な診断を行ないます。

無料診断のお申込みは下記バナーもしくはお電話、ショールームへ直接ご来店いただいてもかまいません。あなたのご来店を心よりお待ちしております!

  • 外壁診断
  • 雨漏り診断

──────────────────────────────

現在実施中のキャンペーンは▼コチラ▼

川洋建装は2月も昇り龍のごとくキャンペーンやりますっ!え?今回は早いもの勝ちっ!?

──────────────────────────────

メ~テレの「ジョシばな」に当社代表取締役川北洋平が出演いたしました!その時の模様をぜひご覧ください!

──────────────────────────────

初めての塗装なら、ご不安・ご心配な事も多いかと思います。

お悩み、お困り事などお気軽に弊社までお尋ねくださいね。
  
塗装をお考えの方や迷われている方も、
是非この機会にお家診断から始めてみませんか? 

もちろん、診断・お見積り無料です!  

お客様のご希望に添えるよう、全力でサポートさせていただきます。

診断・お見積り・お問合せは➡こちら

お客様のご希望に添えるよう、全力でサポートさせていただきます。

 

 

 

診断・お見積り・お問合せは➡こちら

ご来店予約は                             ➡こちら

お電話・お問合せお待ちしています。 

 ──────────────────────────────
外壁塗装・屋根塗装・雨漏り・サイディングなどで
お困りの方は川洋建装株式会社にお任せください!
 
 弥富市・愛西市・海部郡・桑名市の方は
プロタイムズ西尾張中央店へ!
〒498-0026 愛知県弥富市鯏浦町西前新田19
プロミネント弥富1F

 一宮市・稲沢市・北名古屋市・江南市・岩倉市の方は
プロタイムズ一宮店
〒491-0831 愛知県一宮市森本2丁目5-15

あま市・津島市の方は 
プロタイムズあま津島店へ
〒496-0022 愛知県津島市越津町柳之内60番地1

電話番号は3店舗とも共通です

➿ 0120-609-633

 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります!!
【プロタイムズ西尾張中央店・一宮店・あま津島店】についてはこちら! 
【お問い合わせフォーム】はこちら! 
──────────────────────────────

外壁・屋根塗装専門店 プロタイムズ西尾張中央店・一宮店・あま津島店へようこそ

プロタイムズ西尾張中央店・一宮店・あま津島店
川洋建装 株式会社

代表取締役川北 洋平

会社案内はこちら

はじめまして!外壁・屋根塗装専門店プロタイムズ西尾張中央店・一宮店・あま津島店のホームページをご覧頂きありがとうございます。代表の川北と申します。
昨今ではインターネット広告で「最安値」を謳う会社ばかりが増えており、本来重視すべき施工・品質の部分が忘れ去られているように思います。
私たちの使命は、「真の塗装工事の品質」を全てのお客様にご提供させて頂くことだと強く考えております。
大切な我が家の塗り替えリフォームをお考えの方は、ぜひプロタイムズ西尾張中央店・一宮店・あま津島店にご相談くださいませ。

  • プロタイムズ西尾張中央店

    • プロタイムズ西尾張中央店

    近鉄弥富駅 徒歩4分

    〒498-0026 愛知県弥富市鯏浦町西前新田19 プロミネント弥富駅前1F
    フリーダイヤル:0120-960-963
    TEL:0567-69-6776
    FAX:0567-55-7756
    営業時間 9:00~18:00 (年中無休)

    ショールームについて詳しくはコチラ

  • プロタイムズ一宮店

    • プロタイムズ一宮店

    〒491-0831 愛知県一宮市森本2-5-15
    フリーダイヤル:0120-931-602
    TEL:0586-52-3334
    FAX:0586-52-3335
    営業時間 9:00~18:00 (年中無休)

    ショールームについて詳しくはコチラ

  • プロタイムズあま津島店

    • プロタイムズあま津島店

    〒496-0022 愛知県津島市越津町柳の内60番地1
    フリーダイヤル:0120-016-776
    営業時間 9:00~18:00 (年中無休)

    ショールームについて詳しくはコチラ

西尾張エリア施工 実績No.1 愛知県西尾張エリアを中心にお家を長持ちさせる安心と信頼の専門店お値打ち価格& ハウスメーカー並みの高品質塗装工事 知らないが損をする!?塗装勉強会実施中!!こちらをクリック

外壁塗装・屋根塗装
お役立ちコラムSTAFF BLOG

一覧はこちら
西尾張中央店・一宮店・あま津島店のホームページをご覧の皆様へ アパート・マンションの塗装をお考えの方へ
外壁診断 雨漏り診断 施工プラン

新規お問い合わせ専用窓口

0120-609-633受付9:00~18:00 (年中無休)

お問い合わせフォーム

西尾張中央店・一宮店・あま津島店 外壁塗装・屋根塗装専門店
プロタイムズ西尾張中央店

〒498-0026 愛知県弥富市鯏浦町西前新田19 プロミネント弥富駅前1F
フリーダイヤル:0120-960-963
TEL:0567-69-6776
FAX:0567-55-7756

プロタイムズ一宮店

〒491-0831 愛知県一宮市森本2-5-15
フリーダイヤル:0120-931-602
TEL:0586-52-3334
FAX:0586-52-3335

プロタイムズあま津島店

〒496-0022 愛知県津島市越津町柳の内60番地1
フリーダイヤル:0120-016-776

ASTEC 私たちはアステックペイントの認定施工店です PROTIMES 外壁塗装ジャーナル 外壁塗装の正しい知識をお届け!みんなの塗装チャンネル 株式会社あかつき